洗車

泡泡洗車のメリット・デメリット。俺はやらない。デメリットだらけ

今泡泡洗車流行ってますよね。車に泡をバーってかけて楽しそうに見えます。You Tubeでもよくみかけるしやってみたいと思ってる人も多いのではないでしょうか。

でも私はやりません。

ほんとは最初やってみたい!ってなったんだけど、ちょっと待てよ…と。

メリットとデメリットを整理していたら、明らかデメリットの方が多くね?と思った。たぶん今後もやらない。

傷もつきやすいしシミもつきやすいと思うから、車に傷をつけたくない人にはマジで向かないと思う

そもそも泡泡洗車をやるメリットってなんなのか

  • 毎回泡をバケツから取る必要がなく時短になる
  • 楽しい
  • 写真映えする

一番機能的なメリットは時短になることですよね。車にバーっと泡を吹きかけてからスポンジでこすっていくから、毎回バケツに手を突っ込まなくて良い。ただ実用性のメリットとしては時短以外に泡泡洗車のメリットは見いだせないと私は思っている。

見た目は楽しそうだから、普段洗車しない人が洗車をする良いきっかけにはなると思うな。実際ネット見てると「楽しい」とか「これまで洗車めんどいと思ってたけどこれなら」ということも書いてあった。やっぱり楽しそうってのは大事だと思う。

あとなんか見た目的にプロっぽい気がする。なんか”やってます”感があって良い。

俺的に思うデメリット

  • スポンジに汚れがついたらずっと引きずることになる→傷
  • 塗装面の付着物が見えなくなる→傷
  • 洗車中に普通に乾く→シミ
  • 泡を乾かさないために超急がないといけないから雑になる→傷
  • フォームノズルと水で流すノズルをいちいち交換するのが手間→めんどい

どう考えても傷がつきやすい

まずね。どー考えても傷が付きやすいと思うわけよ。

なんで傷が付きやすいかって、バケツにスポンジを入れないことを前提とした洗い方だから。

そもそも洗車傷がつく原因だけど、ゴシゴシキュッキュッって強く擦ってしまう他にも、スポンジに傷が付きやすいものつけたまま引きずって傷がつく。だからこそ最初に高圧洗浄で砂とか傷が付きそうな汚れを落としてからシャンプーするわけだしね。

俺はマメにスポンジをバケツに突っ込んで汚れを落としている。そしてボディに当てるまえにスポンジにゴミがついていないか見るけど、やっぱりたまにホコリとかなんか傷がつきそうなのが付着していることがある。砂とかちーっちゃい虫とか。

最初にしっかり高圧洗浄で流していても、やっぱり時々傷の原因になりそうなのがついているわけよ。そのたびに指でピッピって取り除いてからまた洗車再開する。それが一度もバケツにスポンジを突っ込まないで汚れを落とさないまんまボディをこすり続けるというのは俺にとってはありえない。

高圧洗浄機でしっかり砂とか流しているから目に見える砂とか汚れはそんな毎回つかないよ?でもときどき砂とかがスポンジについていてそれをそのままボディにこすったら一発で傷ってわけ。

じゃあ時々バケツにスポンジいれればいいじゃん?

ってことになるけど、それじゃあそもそも泡泡洗車の意味がない。最初に車に泡をかけまくる意味がない。結局スポンジをマメにバケツに突っ込んで洗うなら、泡泡洗車する意味が無い。それなら普通に洗車するのと変わらないではないか。

普通に泡が乾く

泡を乾かさないの不可避の問題が出てくる。

フォームノズルで全面または広範囲に泡を一気にかけますよね。外で洗車していたらまず乾く。普通に乾く。曇だろうと天気の低いときだろうと普通にほぼ乾く。普段洗車して急いでやってても正直結構乾きませんか?乾いてシミになって曇って塗装の美しさが損なわれていく。シミにならぬよう乾かさないようにするには超急いで洗わないといけない。そうしたらスポンジでの洗浄が雑になる。力を入りやすくなってしまうし、都度スポンジについた汚れを見たりとったりする余裕もなくなる。

じゃあ 「狭い範囲をフォームノズルで泡泡にして乾かさないようにすぐスポンジして速攻で流せばいい」ということになるが、それだとそもそも全体に泡をかけてバケツに毎回いかなくて時短になる泡泡洗車のメリットの意味がなくなる。それに都度水で流そうにもフォームノズルと水のノズルといちいち交換しなければいけない。流したらまたフォームノズルで泡泡。スポンジしたらまた水のノズルに交換して流すだとめんどいよね。逆に時間もかかる気がする。

泡泡洗車でキレイにできる環境整ってないとムリだと思う。逆に美しさが損なわれていく

  • 屋根あり、もしくは屋内で太陽に当たらない
  • 純水で流す
  • フォームノズルと水ノズルをいちいち交換しなくて済むように水道2つ使用
  • 二人で洗車、一人はスポンジで、もうひとりはスポンジしたところをすぐに純水で流す

この環境が整っていないと泡泡洗車でシミができてしまう。普通の人にはこの環境での洗車は現実的ではないと思う。

シミになって塗装が曇って汚れていく。毎回洗車してたしかに砂や泥汚れは落ちてきれいになった感はあるかもしれないが、塗装が汚れて美しさが落ちていく。洗車は掃除と違って汚れを落とすだけじゃなくて、傷をつけずシミをつけず美しさを保つものだと思う。塗装が曇ってなくて傷がついていない車は本当にキレイ。

車を美しく保つための洗車で、シミがついて塗装が曇っていったり傷がついて美しさが損なわれていったりしたら本末転倒ではないだろうか。

 

こすらないと意味はあるのか

ただ泡だけかけてこすらないで流す人もいると思う。プレシャン的な意味合いで。それで意味があるのかといえばあるといえばあるけど無いといえば無いと思う。

経験あると思うけどスポンジし忘れたところとか汚れ残っちゃいますよね?うっすらとは落ちるとは思うけどやっぱりスポンジ使わないと落ちないです。

ワタシ的に言えば意味はないと思ってます。結局スポンジでやさしくこすらないと汚れは落ちないですよ。

 

泡泡洗車が向いているのは時短したい人

ラクに洗って時短したい人。一度泡全部かけるからバケツに毎回スポンジやりにいかなくて良いのはラクだし早く済んでいいと思いますね。逆に美しくキレイに保ちたい人や神経質な人には向かないと思います。

ここまで結構否定的なことを言ったけど別に泡泡洗車を否定はしない。見た目楽しそうだし正直俺もやりたい。でもシミつくのがいやだし傷つくのも避けたいから俺はやらないということ。

泡泡洗車楽しそうだから楽しんで洗車したい人には良いと思う。目的に合わせた手段があると思うからやりたい方はやればいいと思う

-洗車