日記/思うこと

「これから車カスタムする人へ」カスタム=基本デチューンという現実

これから自動車カスタムする人に知っておいてほしいのですが、カスタムって基本的にデチューンです。カスタムとは高いお金を払って車をデチューンする不思議な行為なのです。

デチューンと悪口みたいなことを言っていますが、とかいう自分も車をカスタムしています。これまで乗ってきた車すべてなんらかカスタムしてきました。カスタムされた車ってカッコよくてつい目で追ってしまいますよね。私もかっこいい車が大好きでカスタムせずにはおれません。

カッコいい車とかカスタムって魅力的なのでしたくなるのですが、結構お金がかかりますし、やっぱり走りにくいし快適性も損なわれるし、ノーマルより悪化することばかりなので、これからカスタムする人には「実際はこうなんだよ」という現実を知っておいてほしいです。

カスタムしまくってる自分があえてカスタム行為をボロクソに書きます。

一部のカスタム(プラズマダイレクトとかSEV等)を除いて、基本的に車のカスタムとは走りにくくなったり、快適性を損なっったりで、車のバランスが崩れ、扱いにくくなります

実際エアロつけたりシャコタンとかにしてカッコいい車とかって、峠道とか町中でも少し路面状況が悪ければ走るラインを選んだりしないといけないし、アクセルを踏めないので結構遅いです。後ろからみててもガタガタ動いててめっちゃ変で運転しずらそうなのがハッキリ見て取れます。

  • ローダウン
  • インチアップ
  • ツライチ
  • 幅の広いタイヤ
  • エアロ……

かっこよくするカスタムは色々あるが、個人的に一番のデチューンと思うのはサスペンションのカスタマイズですね。ダウンサスや車高調です。

やっぱり足回りのバランスが崩れると本当に走りにくいし、気持ちよさや楽しさを損ないます。エンジンパワーがそんなに無くても足回りがよくフットワークが良ければそれだけで運転が楽しいです。足回りはそれくらいバランスが重要。

カー用品店とかネットで車高調を調べても「カーブが速くなる」とか書いてますが、車高下げるとロールセンターが上がってしまい、バネレートにもよりますがカーブで逆に大きなロールが発生して遅くなることもあります。

また車高を下げる一番の懸念は乗り心地の悪化ですね。どう頑張ってもノーマルより快適性下がるので、乗り心地が悪くなることは避けられないと思ったほうが良いです。

いくら良い車高調をつけてもバランスでは街乗り・ストリートではあくまで基本的にノーマルには敵わないです(サーキットでは別ですが)ほとんどの車においてノーマルのほうが様々な道路状況で乗り心地が良く、イージーに気持ちよく走りやすい。

ホイールもそう、今ついている既存ホイールと重量差があるほど走りに変化が出てくる。軽量になるほど乗り心地は損なわれて不快になっていく。インチアップしてタイヤが薄くなることでも乗り心地が悪くなる。乗り心地も悪いからちょっとした段差ではアクセルを踏めなくなる。

ツライチにするほどに道路幅いっぱいに寄せづらくなる。道路脇に生えている草、出っ張っている硬そうな枝、ホイール傷つくのが気になって寄せづらい。っていうかスペーサー入れると実際カーブ遅くなるし。

タイヤの幅も太くなるほど、実際は轍や道路の凸凹をひろって乗り心地が悪くなる。乗り心地が悪くなるから気持ちよくリラックスしてアクセルを踏めない。

ちなみにシャコタン×大径かつ軽量ホイール(低扁平タイヤ)の乗り心地の悪さは最強です

エアロもつけると低くなるから段差が気になってソロリソロリと行かなければいけないシーンも出てくる。エアロは走りにほとんど関係ないので気を遣うシーンが増えるというところですね。

実際のところノーマルの方が快適に速く走れる

シャコタン・ツライチ・大径ホイールとかでカッコよくいかにも速そうな仕様の車は、街乗り・ストリート・山道等 一般道では乗り心地が悪く、運転しずらく、多数の我慢を強いられ、結果的に速さも遅くなる。こういったカッコいいカスタムはサーキットでは通用するが路面状況が常に不安定な一般道ではめちゃくちゃ走りにくい。ノーマルの方が速く快適に走れるのだ。

お金かけてカスタムするほど、かっこよくなるほど、走りにくく、遅いという。見た目はかっこいいし速そうなのに実際は遅くて不快な車というのが現実です。

カスタマイズで唯一良い点は見た目が好きになることですね。より自分好みの見た目になることで愛することができます。やっぱりカッコいい愛車って魅力的ですよね。不快だろうが運転しにくかろうが、愛がそれを上回ることで我慢できています。

これがカスタムユーザーの現実です。

-日記/思うこと