洗車

前回の洗車から約4ヶ月経過。やっぱり洗車=自己満だよね

前回の洗車から約4ヶ月が経過しました。今もまだ洗車していません。

ホイールだけは鉄粉が取れなくなるのでちょこちょこ洗っています。ホイールがキレイになるとボディが多少汚くても映えますよね。時間や労力に対するコスパも良くてホイールは洗うようにしています。

こんなに洗車しなくなるなんて自分でも驚きです。汚れてるな気になるなとは思いますが面倒くさい気持ちのほうが勝ってしまって今も洗車する気がおきません。1年か2年くらい前までは一週か2週間に一度くらいは洗車していたのに…

 

雨が降ればキレイになる

そこそこの雨が降るとパッと見キレイになるので洗車しなくても良いと思うようになったんですよね。

もちろんよく見れば汚れています。

ドアの取っ手部分とかから黒い汚れが滴ったような跡がついていますし様々汚れています。

ただ数メートル離れて見るだけで凝視しなければパッと見キレイに見えてしまいます。

 

もともと洗車が好きではない

もともと洗車が好きではなかったのですが、汚れているのが見るに堪えないので仕方なくマメに洗車していました。洗車して終わる頃にはピカピカになっていて楽しいんですけどね。

でもやっぱり面倒くさいとはいつも思ってました。やる気になると2時間3時間普通に洗車できるじゃないですか。でも終わるときにはピッカピッカで愛車が最高に素敵に見えて嬉しくなるんですよね。

でもいつも葛藤していました。車が汚れないことはない。どれだけキレイにしようとも、どれだけ丁寧にコーティング等しようとも、必ずいつかは汚れます。まして自分は走行距離が伸びるので車もホイールも汚れるのが早いです。

この洗車の時間があれば何ができただろうかとかいつも考えていました。

 

他人から見たら洗車してもしなくても大して変わらない事実

洗車し終わってピカピカになった車を見るのは最高に楽しいです。

近づいたり離れたりしてマイカーの美しさに惚れ惚れしてウキウキします。

キレイになって魅力マシマシになったマイカーを見せつけるように走るのは楽しいのですが、だからといって周りからしたら何も気づきもしないしただの自己満でしかありません。

そしてピッカピカの楽しい時間はそう長く続きません。黙ってても汚れるし走ればもっと早く汚れます。労力かけて2時間も3時間もかけても結局は汚れるのです。

そしてその素晴らしい美しさに気づいて満足するのは結局ほぼ自分だけです。もちろん洗車好きの方は信号待ちとかの間に「おお!キレイ」とかおもうかもしれませんが、そんな人は僅かです

どれだけキレイにしても周りからしたらほぼわかりません。結局洗車というのは自己満なんだと思うようになりました。分かっていましたが強く実感するようになりました。

走ってる最中の車を見て、よっぽど汚れていないと、汚れてるとかほぼわかりませんよね。つまりよっぽど汚くなければ周りから見たら洗車してもしなくても大体一緒ということです。

であれば毎回時間をかけて洗車する意味ってなんだろうと思うようになりました。

 

一番は車に対する気持ちが薄れてきたこと

以前カスタムをゴリゴリにやっていたときは洗車も頻繁に行っていました。自分好みにカスタムした素敵な車がピカピカになってそれを見せびらかすように走るのが最高に楽しかったです。

しかしF30も7年目となり段々と実用性に対する比重が高くなってきました。見た目の満足度よりも走りの満足度を求めるようになりました。ゴツゴツした乗り心地にも疲れ快適に楽しく走りたいと思うようになりました。

自分は長時間や長距離運転が多いのでそういうときに本当に快適性の重要さがわかるんですね。今は車高調もやめてエアロもやめて見た目はほぼ純正です。かっこよくするコトって大体走りが悪くなるので疲れてきました。一周回って純正に戻ってきました。

ポルシェなどの自分にとって最高の車を手にしたら、また洗車したい気持ちが蘇るかもしれません。

汚れが固着しないように冬前に一度は洗車しようと思います。

ちなみにカッコよさを諦めて純正サスに戻したりして、道具として考えると以前よりも好きになっている自分がいます。前より明らかに快適性が上がって運転しやすくて楽しいです。むしろカッコよさを諦めたことで今度は17インチの50扁平や16インチの60扁平に挑戦しようとも思えるようになりました。

16インチで60扁平にしたら豊かなクッション性で本当に運転が快適で楽しいクルマになりそうだなぁ!

-洗車