ホイール・足回り

鍛造ホイールはBBSでも乗り心地が悪い。でも欲しくなる魅力…

鍛造ホイールは高いから乗り心地が良い というわけではない。

むしろ鍛造ホイールにすると乗り心地は悪くなることがほとんどだ

ホイールを軽量化すれば乗り心地は悪くなる。

純正から鍛造ホイールに変えたら軽量化になることがほとんどだろう。

軽量・高剛性でサーキットで使う分には”高性能”ではあるが、町中や山などの路面がよくない場所で使う分には乗り心地が悪くなり結果的にデチューンとなることがほとんど。

【実体験】ホイール軽量化は乗り心地悪くなる。重い方が乗り心地良い

BBS鍛造でも乗り心地は良くない

キングオブ鍛造ホイールといえばBBSだと思う。もちろんレイズさんやYOKOHAMAさんも素晴らしい鍛造ホイールだと思うんだけど、鍛造ホイールといったらBBSのイメージです。

そのBBS鍛造でも乗り心地良いわけではない。軽量化したら乗り心地は悪くなるのは同じである

「剛性が高い」とか「しなりがある」とか色々ポジティブな言葉で溢れているが、特別乗り心地が良いことはない。

剛性の高さなどを感じられるのはレースなど日常的なシーンとはかけ離れたスピード域で走っているときだと思う。少なくとも私は剛性が高いとかは感じることはできない。

自分もBBS鍛造ホイールを2個使っていますが、乗り心地は良くないです。軽くなるほど乗り心地が悪化。基本通りですね。

レビューの「乗り心地良くなった」は信じてはいけない

BBS鍛造を買った人のレビューや感想がよくネットにある。そこで「鍛造ホイールに変えて乗り心地がよくなった」とか書いてるけど基本的にそんなことはない。

ではなぜそういった意見があるかというと。

オーナーさんが硬めの乗り心地が好きだったり、運動性の向上で走りが自分好みになって、トータルで好きなフィーリングになった=乗り心地良くなったと言っていると私は判断している。

「バタバタ感が解消された」という表現やレビューもよく目にする。これは段差で乗り心地がよくなったということではなく、重量ホイールでは段差の衝撃がバタバタしていたのが、軽量ホイールになったことで衝撃の入り方が変わったことを言っている。

鍛造ホイールをつけた当初は嬉しさや感動が勝って様々なネガティブにフィルターがかかるが、しかし一ヶ月、2ヶ月と自分の生活圏内をしっかり走れば乗り心地が悪いことがしっかりと分かってくる。

それでも欲しくなる鍛造ホイール

サーキットにいかない限り基本的にデチューンな鍛造ホイールだがそれでも欲しくなるのが不思議なところ。

単純に私達はかっこよさの魅力には勝てないのだ。

人間もそうだけど中身は置いといて、見た目が素敵な人はやっぱり魅力的に感じるのと一緒です。見た目がイイものには抗えないのです。

スポークも細くてカッコいいし、鋳造にはないエッジが効いたデザイン、製法も手が込んでいて素晴らしく魅力的に思えてくる。

完全に自己満の世界です。

やっぱりね鍛造ってカッコいいんだよ。

BBS FI-R

私がもっとも憧れるBBS FI-R。美しい…

BBSの鍛造ホイールとか画像で見るより実物の迫力や美しさはやばいです。

実際に装着している車両のかっこよさを見てしまったらもう…ですね。

自分も乗り心地が悪くなるデチューンとわかってても鍛造ホイールをつい買ってしまいます。

何十万円も払ってデチューンするのか…と葛藤しても魅力には抗えない。

やっぱり鍛造ホイールは魅力的です

-ホイール・足回り