ホイール・足回り

また鍛造ホイールについて。軽量は正義なのか…?

 

今日もよろしくお願いします

”重量級の鋳造ホイール”から
”軽量の鍛造ホイール”に履き替えました。

ホイールについて交換するときに
軽量化のメリットが多く語られますよね。

 

 

さらに軽量は正義ともよく聞きます。

しかし本当にそうでしょうかね?

メーカーが軽量化込で行うバランス設計と
自分らが後付で行う軽量化行為は
結果が全く違うと思います

特にホイール軽量化について自分は
ほぼデチューンだと思ってます

(サーキットいかない人にとっては)

 

 

なぜそう思うのかというと
街乗りにおいては重いホイールの方が
総じて走りが優れていると感じるからです

鍛造軽量ホイールは街乗りや普段遣いでは
乗り心地が悪く快適性が損なわれます。

段差衝撃が怖くてアクセルを踏めなかったり
段差で身構えたりと気持ちよくありません。

(もちろん見た目は最高ですが)

同じ車で重量級から軽量ホイールに
履き替えを行ったのですが面白い結果が出ました。

 

 

鋳造19インチから鍛造18インチに変更してみたら

ACシュニッツァー19インチスペック(鋳造でめちゃ重)

  • フロント225 40R 19 タイヤ込24㌔
  • リア255 35R 19 タイヤ込26㌔

 

 

BBS RE-V7 18インチスペック(鍛造 ホイールのみ8キロ台)

  • フロント225 45R 18 タイヤ込み21㌔台(たしか
  • リア225 erR 18 タイヤ込み21㌔台(たしか

 

19インチの重量ホイールから
18インチの鍛造軽量に変えてみたら
面白い結果になりました。

走り出して割とすぐに思ったのが…

 

 

あれ?19インチ(重量ホイール)の方が
乗り心地良くないか?

意外なことに
19インチの方が乗り心地が良く感じました。

近所の色々な段差を熟知してますので
走り回ってきましたが間違いない。

 

 

鍛造18インチは重量級19インチに比べて
フロント扁平+5 リアは+10扁平もある。

タイヤ厚み的には18インチの方が
クッション性が大きく上なので
18インチの方が乗り心地良いと思ったが…

19インチのほうがマイルドに感じました。
10人運転したら9人はそう感じるのでは。

 

 

軽量ホイールは路面状況を
良くも悪くも拾いやすいので
ちょっとした段差、突起、起伏でも
コツコツ、ボコボコ、ガタガタします

とはいえタイヤの厚み的には
18インチのほうが大幅に有利なので
18インチの方が快適かと思ったら。

色々考えさせられる結果となりました。

 

 

乗り心地の差を具体的に

段差衝撃の強さは
18インチ鍛造の方が少し優しい感じ。

(タイヤが少し厚みがあるからだと思う)

ただ衝撃が入ってくる速さが違う。

18インチ鍛造の方は衝撃の入り方が早い。
尖っている感じになる。

それが突き上げ感を大幅に
増幅しているように感じる。

また常に路面状態を拾って
車が細かく揺れている感じも相まって
結果的に乗り心地が悪く感じる。

 

 

19インチ鋳造の方が衝撃の入り方が
少し遅いのか若干マイルドに感じる。

また18インチ鍛造で感じた
コツコツボコボコと
車が常に大小揺れてる感じが
重量ホイールではかなり収まった

ただ大きな段差では
19インチの方が衝撃が
ガツンと強いこともあった。

これは19インチの方がタイヤが薄いため
衝撃を吸収しきれなかったのだと思う。

ときどき予想外の強い衝撃が入るが
総じて快適に感じたのは19インチの方だった。

 

 

重量が乗り心地に及ぼす影響はかなり大きい

18インチRE-V7と
19インチACシュニッツァーでは
4輪で16キロもの差がある。

この重量の差が1インチの差を超えるか
ほぼ同等の乗り心地になっている。

 

 

鍛造はカッコいいし高性能の象徴だけど
街乗りオンリー派にはデメリットが強調される
ことを改めて感じた。

正直サーキット走る人以外は
デチューンでしかないでしょう。

(見た目がとても良いので
テンションや気持ちのチューンだと思います)

 

 

高いお金を払いデチューンしてるとは
改めて考えると面白い話です。

要するにただのファッションです。
でも買ってしまいます

私は鍛造が乗り心地悪いことを知って
買っているのでショックはありませんが
見た目重視で初めて買った人は
乗り心地悪くてショックを受けると思います。

 

「高いお金を払って乗り心地が
わるくなってしまったー;;」
となる方も多いのでは。

ホイール軽量化で乗り心地良くなるって
ネットによく書いていますが、
騙されないようにしてほしいですね。

→ 鍛造ホイールやBBSだから乗り心地が良いというわけではない 鍛造という言葉の魔法

 

 

ちなみに18インチ鍛造ホイールの良いところもある

まずよく思うのはハンドルが軽い。

19インチの方が超重量級だったのもあり
18インチ鍛造にしたらとても軽いです。

普段運転するときもバックとかも
取り回しが軽くて良いですね。

 

ちょっとスポーティな気分で運転するときも
軽いハンドルに連動してシュンっと
車の向きが変わって動くのも
一体感があって楽しい。

ハンドルの軽さによる楽しさは結構感じれています。

 

0発進加速についてもなかなか差はあります。
ただロケットスタートすることもないので
そこまでメリットは感じないですね。

スピード乗ってしまえば鍛造だろうが
鋳造だろうがほぼ変わらんです。

デメリットばかり書きましたが
18インチ鍛造の楽しさも結構味わっています。

何より車の外観がとんでもなくカッコいい。

鍛造ホイールは!

鍛造ホイールじゃないと出せない
このスポークの細さ。素晴らしい。

ストリートメインで使うならば
鍛造の最高のメリットはこのカッコよさですね。

 

 

正直カッコいいと思えないと
マイカーって愛せないじゃないですか?

だからかっこよくてより車を愛せるならば
それはそれで結構メリットですよね。

やっぱりカッコいい車だと
多少我慢しても乗りたくなります

→ BBS RE-V7 18インチ フラット装着レビュー

 

 

またシュニッツァーに戻すか検討中。ただこのRE-V7とても気に入っている

私は見た目のかっこよさ大事ですが
結構走りを重要視しています。

毎日乗るし長距離も多いので
走りの少しの違いが
疲労やストレスの結構な差になります

よって走りで見れば19インチの方が
マイルドで私向きで良いです。

18インチの乗り心地が
我慢できないほどではないのと
運転が楽しいのと
見た目がすごく気に入っているので
まだRE-V7で走り続けます。

 

-ホイール・足回り
-,